”普段着着物生活”に憧れたけど、”ほんの時々着物”になり下がって?しまいました^^; 日常のこと、着物のこと、他にも好きなもののこと、 ボチボチ綴っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


永眠
2008年05月21日 (水) | 編集 |
去る5月12日、父が永眠しました。
前日11日に89歳の誕生日を迎えたばかりでした。

10、11日とお見舞いに行ったのですが、
10日は、辛うじて話も出来たけれど、
11日は、意識も混濁していて、
目は時々、開いていましたが、
もう何も見えていないような感じでした。
お別れのときが、もうすぐそこまで来ていることを感じずには
いられませんでした。

後ろ髪を引かれる思いで、
11日の夜、千葉へ戻ってきたのですが、
12日の夜中1時頃、弟より「父危篤」の電話が入り、
荷物の支度をして、家を出ようとしたとき、
病院の看護師さんから、たった今、心停止したと連絡がありました。
結局、母も弟も父の臨終には間に合いませんでした。

一人で、あの世へ旅立ってしまった父の胸中を思うと
可哀想で仕方ありませんでしたが、
病院から自宅へ戻ってきた父の死に顔は、
とても穏やかだったことが、せめてもの救いでした。

看護師という仕事をしているせいか、
人の死に対して、自分はクールなほうだと思っていましたが、
今までは、結局、他人事だったからだと思い知りました。
肉親の死は、本当に身を切られるように辛いものですね・・・

89歳といえば、十分長寿だったと思いますが、
もっともっと長生きして欲しかったです。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。