”普段着着物生活”に憧れたけど、”ほんの時々着物”になり下がって?しまいました^^; 日常のこと、着物のこと、他にも好きなもののこと、 ボチボチ綴っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


寂しさって・・・
2007年03月19日 (月) | 編集 |
先々週、終わったドラマ「わるいやつら」で印象に残った科白
(正確には、科白と言うよりも主人公の語り)

「人が恋愛に注ぐエネルギーは、
それまでその人が味わってきた寂しさの量に比例するというのです。」

この後、もっと言葉は続くのですが、それは割愛して・・・。

この言葉を聞いたとき、妙に納得してしまった私です。
そうそう、そういうものかもしれないなぁ・・・。
因みに私は、あまり寂しさを感じない鈍感人間なので、
恋愛に注ぐエネルギーは、たいしたことありません^^;

と言うか、寂しさをちゃんと感じられる人って、
ある意味、余裕があるのかもしれないですね。
今の私は、ここに書いていないこと(書けないこと)で、
頭の中、ぐるぐる考え込むことが多いので、
そして、それは自分のことだけではないので、
寂しいなんて感情は、どこか遠くへ行っちゃっています。

でも、こうも思うのです。
人間って結局は孤独な生き物で・・・
寂しさは、自分で克服しなくちゃいけないんじゃないかと。
誰かを頼ったところで、100%期待に応えてくれるってことはないと。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんにちは(^^)
ひよこちゃん こんにちは!
相変わらず体重の減らない私です(^_^;)

寂しさを感じる余裕かぁ。。確かにそれはあると思います。
私も昔は食べることに必死で寂しいとか感じる暇はありませんでした。
それどころか、寂しいのぉぉと言ってる友達が呑気で幸せそうで
やっかむ気持ちさえあった時期がありました(-_-;)
寂しいって気持ちはある程度の生活の
安定の上で気がつくものなのかもしれませんね
100パーセントの気持ちは私自身も相手に向けられるものではないと思うので
無理でしょうが、それでも存在に救われるってこともあると思うので
私の大切な人にとって私もそうであれたらな。。と思います
克服できるかわからないけど、人間て繊細なようで図太くて強いようで
弱くって。。不思議ですよね
2007/03/19(月) 15:58:14 | URL | 架南 #qt/YOItg[ 編集]
また 哲学的なことを・・・
人は どんなときもで誰といても寂しいものなのかも知れないです。寂しいから 家族を作り 友人をつくり 恋人をつくったりするんですから。 本能みたいなものかもです。
余裕がないと 寂しいと感じないというのは不正解じゃないです。わたしも寂しいと感じる余裕がありません~~(^^;
ごく普通の(多少の悩みがあったとしても)生活をしている人の 寂しさは 空腹時に「美味しいものが食べたい」と思うのに似てます。でもこれが飢餓状態だったら「美味しいもの」と思う余裕はないですよね。

多分 冒頭のせりふの寂しさとは 飢餓に近い寂しさを言うのじゃないかと・・・。 
昔付き合っていた人で 本当に天涯孤独な人がいたんですよ。世の中でこんなに孤独な人も少ないだろうと思うような生い立ちの人でした。 ちょっとその人の事を思い出してしまいましたよ・・・。 窮屈なくらい愛情深い人でしたもの。やきもちもハンパじゃなかったですけど。(終わりになったのは その人がワケアリで行方不明になったからです。)
なので 非常に納得してしまいましたわ。
2007/03/19(月) 17:10:28 | URL | M #halAVcVc[ 編集]
私もかも
私もあまり感情の希薄な人間なので
寂しいと感じるのは少ないです^^;;;
昔は有ったんだけどな~--;;
年とともに図太くなるのか
余り感情の変化はなくなる様な気がします。
身体の為にはあまり興奮しない方がいいですものね(^^ゞ
2007/03/19(月) 19:46:04 | URL | ゆず #-[ 編集]
難しい・・・
まぁ、ひよこさん心の闇と戦っていらっしゃるんですか?
私は・・・。間違いなく恋愛体質でないし寂しがりでもないんで分からない人間の情の部分です。

でも、寂しいから寂しさを埋めるために人を愛すというのは、あるでしょうね。
男と女でなくても、両親がいない人とか彼がいないから買い物に依存するとか…。いろいろな展開はありそうですもんね。

いやいや、思い悩んでも明日が来る!日々の自分のハッピーを追及していくことが私の生きる基本です。
2007/03/19(月) 21:41:22 | URL | いりこ #-[ 編集]
あわわ・・・寂しがり屋なので^^;
ひよこ姐さん、こんばんは^^

自称寂しがり屋と致しましては・・・妙に納得の皆様のご意見
で御座います。
寂しさを埋める道具にはしていませんが、やはり孤独な自分の
中の闇から抜け出したい気持ちはあります。

最近はそんな寂しがり屋からもやや脱出傾向にある(この年に
なれば当たり前ですが^^;)のですが、少しは寂しさと冷静に
向き合い、昇華させられるようになったのかもしれません。
2007/03/20(火) 02:48:02 | URL | 真子 #co9xvPLk[ 編集]
コメント下さった皆様へ
とっても亀レスになってしまってごめんなさいm(._.)m

>架南ちゃん

・・・寂しいのぉぉと言ってる友達が呑気で幸せそうで・・・
そうそう、それよく分かります^^;
やっかむ気持ちとは、ちょっと違うけど、なんて言うのかなぁ・・・
贅沢言ってるわ~とは思いますね。(同じかな^^;)
存在に救われるってのは、私も実感するところです。
まぁでも、それもどうなのかな、と思うこともありますけどね^^;
(私の場合は・・・ですよ)

あ、架南ちゃんも若いうちに標準体重に戻しておいたほうがいいかも~
年齢を重ねるにつれて、なかなか痩せ難くなるからね^^;

>Mさん

いやいや、哲学的なんかじゃないですけど^^;

このドラマの主人公の女性は、天涯孤独という設定でした。
だから、Mさんのコメントを拝見して、すごく納得しちゃいました。
そういう境遇の人なら、心の中に埋められない空洞を抱えていて、
それゆえに(Mさんが書かれたように)窮屈なくらい愛情深いのかも。
または、それとは逆にどこか一線を引いたような愛し方か。
行方不明になってしまったその方、今はどうしているんでしょうかねぇ。

>ゆずさん

ゆずさんは、あっさり系の人ですものね^^;
感情が希薄とは思いませんけど。
まぁ、人は誰しも乙女の頃とおばさんになってからでは、
感性も変わっていくものだと思います。
それでいいと思うし、いつまでも乙女している人は逆に気持ち悪いです(>_<")

>いりこさん

心の闇ですか^^;う~ん、どうなんだろ。
今は、恋愛とかその手の悩みはないんですけどね。
いりこさんもあっさり系の方なんですか。
何となくそんな感じはしていましたけど^^;

昔のことは棚に上げて言うのですけど、
寂しさから人を愛するのは、間違っているとまではいきませんが、
何だか少し違うだろ、と思う今日このごろなのです^^;

私もいりこさんみたいに明るく前向きに頑張ろうっと♪

>真子ちん

そうよね~ 真子ちんは、確かに寂しがりやさんでした^^;
でも、それも最近は落ち着いてきたような気がします。
と言うか、まぁごにょごにょですよね~(ちょっとはっきりは書けない~)
大人になった真子ちんに乾杯(チン♪)
2007/04/16(月) 16:57:36 | URL | ひよこ #X8ODgTfA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。